生産終了したお菓子達をご紹介!ありがとう!!また会う日まで・・・

どうも、ドクター・ソクラテスです!

 

今回はこのブログでも何回かやっている生産終了してしまったお菓子達をご紹介致します!!

 

※過去の生産終了したお菓子の記事は以下になります。是非読んでみて下さい!!↓↓↓

 

目次

 

森永チョコフレーク

f:id:x10a10a:20200109124521j:image

出典:朝日新聞デジタル

 

森永製菓が1967年の発売を開始して以来長年愛されてきた「森永チョコフレーク」。

チョコレートをコーティングさせたコーンフレークとの相性がバツグンで好きだった方も多いのではないでしょうか。

そんな「森永チョコフレーク」ですが、「スマートフォンの普及で手が汚れるお菓子が敬遠された」「チョコフレーク生産工場の設備の老朽化」、そして「今は冷蔵で販売されるシュークリームやカップデザートなどの『チルド商品』が増えた結果、スナック菓子の競合となり売り上げが悪化」したということが原因で、2019年夏頃に生産が終了しました。

※ちなみに当時ニュースでも取り上げられましたが、同じようなパッケージデザインやチョコフレーク商品ということで、日清シスコ「チョコフレーク」が販売終了するというニュースが広がりましたが、それはガセのニュースで現在でも生産は継続されていますのでご注意を!!↓↓↓

f:id:x10a10a:20200110025542j:image

出典:J-CASTニュース

 

グリコ ドロリッチ

f:id:x10a10a:20200110025851p:image

出典:江崎グリコ

 

2007年10月に「新感覚の飲むスイーツ」というコンセプトで発売された江崎グリコのドロリッチ。発売当初は「チルドカップ飲料の異端児」と呼ばれていました。コーヒーゼリー感覚で飲める「デザートスイーツ」という新たな需要を生み出し革新的な商品でした。

※流行ってた当時は"ドロリッチガールズ"というキャンペーンガール達の出演CMが流行りましたね〜!!

↓↓↓

f:id:x10a10a:20200110222542j:image

出典:THE-WORLD-TREND-NEWS 

 

しかし、「発売当時と比べて競合する商品が登場し、競争激化で売り上げが減少」「公表せず、容量を減少させたことによるイメージの悪化」「売り上げ回復させる目的で色々と策は講じたものの売上の回復が出来なかった」ということが原因で、2019年3月に生産が終了しました。

 

明治ピックアップ

f:id:x10a10a:20200110223359j:image

出典:ロケットニュース24


明治が1970年に販売した"ピックアップ"

口の中に入れるとフワッと消えてなくなる 不思議な食感が特徴のお菓子。味はチーズ味とコンソメ味の2種類あり、多くの方々に愛されていました。

しかし、「工場の生産品目を集約して生産効率を高める」という狙いから2017年8月に生産が終了致しました。

※実は同じ時期に当時ニュースで取り上げられていた“カール”の東日本での販売終了が発表され、ピックアップの生産終了のニュースがあまりネットで話題にならなかったんですよね・・・。↓↓↓

f:id:x10a10a:20200111002122j:image

出典:NEWSポストセブン

 

最後に

どれも時代を彩った素晴らしいお菓子でしたね!このシリーズの記事を書くたびに生産終了されたお菓子達を食べてた頃を思い出して「もう食べられないんだなあ〜・・・😭」と寂しい気持ちになってしまいます。

いつかまた食べられる日を願わずにはいられませんね。🙏🥺

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

それではまた!!

 

※新しいブログ開設しましたので、よろしければご覧ください!!↓↓↓