就活失敗談をご紹介part3(学校主催の就職イベント)

どうも、ドクター・ソクラテスです。

 

最近雹が降ったり、竜巻が発生したりと荒れた天気が続いていますね。皆さんも急な天気の変化に気をつけて下さいね!

 

さて、今日も就活の失敗談をご紹介したいと思います。ただ今までとは違って、今回は自分の友人が実際に経験した失敗談になります。尚且つ、前回と若干テイストも変えていて少しでも役立つような記事になっていると思うので就活中の方々には是非とも読んで頂きたいと思います。

 

学校主催の就職イベントの失敗談

f:id:x10a10a:20190606045355j:image

大体の学校では就活イベントが開催されていて、私も学校で開催された就活イベントに何度か参加したことがあります。

今回失敗談のモデルとなる友人(以下Aさん)ですが、就活中は学校主催の就活イベントに参加したいという気持ちは全くなかったそうです。当時私はどうしてそのような気持ちだったのか理由を尋ねたところ

「普通の就活イベントとなんら変わりはないでしょう?しかも参加している企業の殆どが無名の中小企業で魅力を感じないもん。そんなんだったら人材会社が主催する就活イベントの方が豪華だし参加する価値があるよ。」と当時はこのように話していました。

ちなみにAさんが在学していた学校はかなり就職に力を入れていて、毎週のように企業を学校に迎えてイベントを開催していたとのことです。しかしAさんはこの時学校主催の合同企業説明会に一回だけ参加しただけで後のイベントは全てスルーしていました。

そして就活をスタートさせてから三ヶ月後、Aさんが所属していたゼミの同級生の何名かが内定を獲得したという話を聞き、まだ内定を得ていないAさんは同級生にどうやって内定を得たのか質問をしていくと、Aさんはある共通点を見つけます。

それが「学校主催の企業説明会に行って、そこで見つけた良いと思える企業の選考に参加し、内定を獲得した」でした

しかし、Aさんはその共通点はまぐれだろうとこの時はそのように考えていました。

しかし、それから何ヶ月か経過した時点で未だに内定を獲得していなかったAさん。他の友人達はどんどん内定を獲得していたので、Aさんはこの時期本当に焦っていました。そしてこの時も周りの友人達にどのように内定を得たのか質問して回り、殆どの同級生が上記の共通点と全く同様のことを話していたとのことです。

自分が見つけた共通点はまぐれではなく、内定を獲得する為の大きなポイントだったとこの時Aさんは初めて知りました。

この事実を知ってから、学校主催の就職イベントに参加し、そのイベントに参加していた企業の選考を受け卒業前ギリギリで何とか内定を獲得しました。

当時を振り返ったAさんは「もっと早い段階で学校主催の就職イベントに参加していたら焦る事もなかったし、遅い時期に内定を獲得することもなかっただろう」と話していました。

 

ここまで一通りAさんの失敗談を書いてきましたが、この失敗談で重要なポイントは「学校主催の就職イベントを馬鹿にしてはいけない」ということです。確かに参加する企業の中には聞いたことがない無名の中小企業があったり、大企業があまり参加していなかったりで、人材会社が主催する就職イベントと比べると参加する価値があまりないと思うかもしれません。しかし、何故企業がわざわざ自分の学校まで来て就職のイベントに参加しているのか考えてみて下さい。お気づきの方もいると思いますが、つまり「その学校に在学している学生を採用したい」という事です。これは就活の時にお世話になったリクルーターや就職課の職員も口を揃えてそう言っています。失敗談に登場してきたAさんの友人達が就職イベントに参加した企業から次々と内定を獲得出来たのもそれが理由だと考えられます。

ここでもう一つ考えてみて下さい。「人材会社主催の就活イベントに参加して見つけた採用される可能性が低い魅力的な企業の選考」「学校主催の就活イベントに参加して見つけた採用される可能性が高い魅力的な企業の選考」どちらの選考を受けたいですか?極端な例かもしれませんが、断然後者が良いと思いませんか?

その企業にそこまで行きたくなかったとしても内定があれば、内定が無い状態で卒業する状況を無くす良い保険になりますし、内定があるのとないのとじゃ就活に対するモチベーションも変わって来ます。

 

なので、まとめになりますが

  1. なるべく学校主催の就職イベントに行って、参加している企業を一通り確認
  2. 一通り確認した後「この企業は良いな」と思ったらすぐに選考を受けていく

以上の2点を実施してみて下さい。それだけでも採用される可能性が一気に上がるでしょう!

(ちなみに筆者も在学していた学校が主催した就活イベントに参加していた企業から内定を獲得した経験があります。)

 

ということで、最後となりましたが、就活生の皆さん!引き続き就活頑張って下さい!応援しています!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた!

 

※過去の就活に関する記事は以下になりますのでご興味がありましたら是非チェックしてみて下さい。