サンタクロースになる方法をご紹介!!(えっ?そんな方法があるの!?)

f:id:x10a10a:20191223215844p:image

出典:いらすとや

 

今週のお題「クリスマス」

 

どうも、ドクター・ソクラテスです!!

 

今回は、はてなブログさんの今週のお題「クリスマス」をテーマに記事を書きたいと思います。

 

さて、何を書くかというと"サンタクロースになる方法"をご紹介します!!

 

子供達に大人気のサンタクロース!トナカイが引くソリに乗って色んな家に行ってプレゼントを子供達の寝ている枕元・靴下の中に入れたりしてみたいですよね!!

 

・・・はい。わかりますよ。「あんた何言ってるの?サンタクロースになれるわけないだろう。」という意見が聞こえてきます。

 

しかし!本当にサンタクロースになる方法はあるのです!!

"グリーンランド国際サンタクロース協会"という協会がありその協会で認定した公認サンタクロースという肩書きでサンタクロースとしての活動が出来るのです!!今からその方法を書いていきます!!!(ちなみに世界中に公認サンタクロースは約180人います!しかも日本人サンタクロースが1人いますよ!!)

しかし!誰だってなりたいと言えばなれるものではございません!!実は色々と難しい職種なのです!!!

 

目次

 

試験前にクリアするべき条件!

f:id:x10a10a:20191225001000p:image

出典:いらすとや

 

公認サンタクロースは資格試験同様に試験を受けなければいけませんが、その前にとある条件を満たさなければ試験に参加ができません。

その条件とは・・・

  1. 結婚していること(離婚経験があると、対象外。ちなみに公認サンタクロースになった後に離婚をすると資格がはくだつされます
  2. 子供がいること
  3. サンタクロースにふさわしい体型である事(衣装やその他の装備を着た状態で、体重120Kg以上)
  4. これまで、サンタクロースとしての活動経験がある事

結婚率が下がってきている日本人にとっては、1と2の条件は難しいのかもしれませんね。

3に関しては、120Kgにする為に「わざわざそこまで太らなければいけないのか!?それぐらい筋肉を増やさなければいけないのか!?」と個人的にはかなり難しいと感じます。

仮に痩せている人でも衣装や装備で何とかなると思うかもしれませんが、そんな体が重たい状態だと身動きが取りづらくてかなりハードです!!

ちなみに4に関しては、クリスマスのイベントなどで、サンタクロースの格好をしていれば、条件がクリア出来るということです。全ての人達にあまりそういった機会はないと思いますので、これもこれで難しいと感じます。

これらの条件を満たした方々は、書類選考を行います。そして、書類選考を通過した場合、協会から試験日・試験会場・当日までの諸注意などが記載された書類が届きます。

ここからがまた過酷!!

何と自宅から会場まで、サンタクロース姿の正装で移動するのです!(電車、飛行機に乗る時だってもちろんサンタクロースの格好で乗ります!!)

そして試験会場のバッケン遊園地があるデンマーク・コペンハーゲン空港に着いたら出身国の旗を振り和やかに飛行機から降りなければいけないのです!

しかも、真夏の時期に試験が行われる為、暑苦しい状態で外を出歩くことになります!

(ちなみになぜ試験が真夏のバッケン遊園地で行われるかというと、毎年世界サンタクロース会議は真夏の時期にバッケン遊園地で行われ、そのタイミングで試験が行われるからです)

もうこの時点で心が折れそうになりますね・・・。

 

試験内容!

f:id:x10a10a:20191225001107p:image

出典:いらすとや

 

さあ!現地に着いたらいよいよ試験開始です!!

試験はこのような内容です!

①体力測定

まずはプレゼントの入った袋を持って50メートル走を行います。

続いて、はしごで高さ2.8m、内幅120×120cmの煙突に登り、さらに煙突にもぐり暖炉から出てきます。

そして、暖炉の上に置かれたクッキー6枚と牛乳568mlを完食。その後また元の場所へ戻るのです。

これで次の試験に通過できるのは参加者中たった2人だけです!

何とも狭き門ですね・・・。

②長老サンタクロースによる面接

グリーンランド国際サンタクロース協会に所属している長老サンタクロースや先輩サンタクロースとの面接に参加します。

これは当然かもしれませんが、面接の時は英語かデンマーク語で話さなければいけません。

なのである程度英語やデンマーク語を話せるようにならないといけませんね。

③身だしなみ審査

サンタクロースの身だしなみ審査を行うにあたり、普通にサンタクロースの格好をするのはNG!

その人の出身地の伝統や風習に合った衣装を自作して着てくることが条件となります。

④宣誓文を読み上げる

そして最後にはステージ上にて世界サンタクロース会議に出席したサンタクロース達の前で、サンタクロースの誓いの言葉を読み上げます。

しかし、ただ読み上げればいいというわけではありません!

なんとその誓いの言葉をテレビやマンガに出て来るサンタクロースのごとく「ホーホーホー」というサンタクロース特有の言葉で読み上げなければならないのです。(サンタクロースとしての表現力を審査するみたいです)

ここまでサンタクロースになりきらなければ、ならないなんて本当に徹底しているなあと衝撃です!!!

 

ということで、こういった厳しい審査を行なっていき公認サンタクロース達から認められれば、めでたく公認サンタクロースになることが出来ます!!

 

仕事内容

f:id:x10a10a:20191225001201p:image

出典:いらすとや

 

仕事内容としては、グリーンランドに住む長老サンタクロース達の補佐役を行います。

クリスマス前になると、(といっても9月頃ですが)小児病棟や福祉施設などの子供がいる施設に訪問し、プレゼントを渡していきます。

また、商業施設のクリスマスツリー点灯式といったクリスマスイベント、記念撮影会に参加します。

そして毎年7月に先ほどから記載している『世界サンタクロース会議』に参加するのも仕事です。(参加する際は会場までサンタクロースの格好をして移動しなければいけないというルールがあります)

ちなみに気になる給料ですが、

何と0円!!

そうです!この仕事は慈善事業として、やっているのです!!

こういった仕事内容や待遇を受け入れなければ、やっていけないということです!!

 

最後に

かなり過酷で厳しい審査方法、そして慈善事業としてやっている仕事内容。

サンタクロースになる為には生半可な気持ちだと絶対にやっていけない仕事なんだなあと感じました。

お金に余裕があり尚且つ、絶対にサンタクロースになりたいという読者の方々!サンタクロースの試験を受けてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それでは皆さまメリークリスマス!!🎄

 

※新しいブログ開設しましたので、よろしければご覧ください!!↓↓↓